日焼け止めは良く考えて使う!

桜が散り、緑の葉の色が濃くなってきました。

 

それに伴い日差しが強くなってきて、

いよいよ日焼け止めの季節だと思います。

 

はい。このサイトでは、無添加にこだわったものをご提案しています。

温泉水だけで作っているので完全無添加。

 

これは名乗っていいと思います。

 

でも世の中に無添加はいっぱいありますが、

本当に突き詰めて無添加になっているかというと、正直疑わしいです。

 

成分を見れば、一目瞭然。

でもイメージが上手。

 

イメージだけで売っても、会社は利益が出ればいいです。

売り上げが大きくなれば雇用が増えるので、それも社会的な意義は大きいです。

 

しかし、買う側で考えれば、イメージだけで買っていていいのでしょうか。

イメージだけで買わないようにするには、どうしたらいいでしょうか。

 

それは突き詰めると成分なんですよね。

 

疑わしい、良くわからないで選んだ化粧品。

日焼け止めはどうでしょうか?

 

ノンケミカルの日焼け止めについて、こちらのページでは、丁寧につづられています。

これだけ読むだけでも、ノンケミカルとそうでないものの違いについての姿勢はとてもよくわかります。

 

だから、私はこのサイトのコスメがとても好きなんですね。

イメージも良く、製品に対する姿勢も良い。

あとは雇用がどれだけあるか。

 

この両立は難しいのでしょうか。

両立できているところは少ないですね。

 

こちらも頑張って行きます!